悪質業者に騙されないために

中古トラックを販売している業者は探してみると、いくつもあります。
しかし残念ながら中には悪質な業者もあることを覚えておきましょう。
ニュースでもよく見かけるのですが、トラックが絡む事故は少なくありません。
よって中古トラック市場にも事故車が出回っていることがよくあります。

 

一見素人から見たら事故を起こした中古トラックでも、
全くその跡がわかりませんし、問題なさそうに見えます。
事故車で最も注意しなくてはいけないのが、見えない部分のダメージです。
ボディがダメージを受けたとしてもそれは修理によって直すことができます。
ところが内部がダメージを受けていることもあり、
購入後それが原因で車が不具合や故障を起こす危険性もあるのです。
事故車の場合、
良い業者ならそれをしっかりと公表した上で中古トラックとして販売しているのですが、
悪質な業者は事故車であることを偽っていることがあります。
それなので必ず事故車であるかどうかを確認しておきましょう。
また走行距離を改ざんして中古トラックを販売している業者も中にはあります。
走行距離を改ざんして短くすることで、
中古トラックとしての価値を高めて販売しています。
メーターの改ざんを見分ける方法は整備記録をチェックすることです。
整備記録がしっかりと保管してある車はそれを見せてもらうと、
そこに走行距離が書かれているからです。

これと現在販売されている中古トラックのメーターの数字が合っていなければ、
改ざんされた可能性が高いと考えられます。
メーター改ざんを行うような業者は信頼できません。