中古トラック購入時は走行距離をチェック

トラックは高い物になると、高級乗用車が購入できるほどの費用がかかります。
トラックを使用するのは主に業務用であることから、
乗用車とは異なり外観の好みなどで選ぶのではなく機能性を重視します。
新車で購入すると費用が多くかかってしまうため、
中古トラックで購入しようと考えるケースも多く見られます。
中古トラックを購入するときに注意するべきポイントについてみてみましょう。
中古トラックを判断するポイントの一つが走行距離です。
トラックの用途にもよりますが、
長距離を走ることをメインとして使用してきたトラックも中にはあります。
走行距離が長いとそれだけエンジンや車のボディ、その他の部分がダメージを大きく受けていると考えられます。
走行距離が長い中古トラックは買取時にも買取査定が下げられてしまう可能性が高く、
販売するときも同じような条件で走行距離の少ない
中古トラックと比べても販売価格が安く設定されがちです。
それなので値段だけに惹かれて購入を決めてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
しかし走行距離が長いとそれだけ車の劣化が進んでいると思われますので、
乗り始めてから不具合が早く起こる可能性があることを十分承知しておきましょう。

購入後に起こったトラブルや不具合に関しては
基本的に自分で費用を負担して修理に出すことになります。
そうなれば購入価格は抑えられたとしても修理の費用負担が増えてしまい、
結果的に損をするかもしれないのです。
ただし走行距離が長い車でも、
メンテナンスを行ってきた記録が残っていれば
ある程度良い状態の車だと判断できますので、
購入を検討してもいいでしょう。

 

 

中古トラックの年式で注意するべきこと

中古トラックを購入するときに重点的にチェックしておきたい点の一つが年式です。
トラックは業務用として毎日のように使用する頻度が高いため、
年式が高い中古トラックに関してはかなり劣化が進んでいると考えられます。
劣化がすすんでいると購入後にエンジンやその他の部分が
不具合を起こす可能性が高いため、
購入費用を抑えることができても修理代が多くかかってしまうことになりかねません。
しかし中古トラックには年式の高い車も多く販売されているため、
値段重視で中古トラックを購入するときは年式の高い物から選ばなくてはいけない事も出てくるでしょう。
その時に適切な中古トラックを購入するためにも、
メンテナンス記録をチェックするといいでしょう。
トラックオーナーのトラックの扱い方もそれぞれ異なり、
掃除やメンテナンスをほとんどしないオーナーもいれば、
トラックに愛着を持ち整備をしっかりと行ってきたオーナーもいるのです。
後者のようなオーナーが所有していたトラックは年式こそ高いものの、
定期的に部品を交換したり洗車をこまめに行ったりとして、
トラックの状態を良好に保てるように努めてきたと考えられます。

それは外観や内装を比べてみてもわかると思います。
マメにメンテナンスを行ってきた中古トラックは
同じような年式のトラックと比べても内装もボディも清潔感が感じられます。
そして整備の記録に関しては、ダッシュボードに入っている整備記録をチェックすると、
今までにどういった整備を行ってきたのかがすぐにわかります。

 

 

更新履歴